クレンジングの種類を理解して、上手に使い分けよう

それぞれのクレンジングには向き不向きがあるもの。「メイクの濃さ」と「肌状態」によって自分の肌に最適なクレンジングを選ぶことも、洗顔にとって重要なポイント。

ミルククレンジング

肌への刺激が少なくナ
チュラルメイクの人や肌が
敏感な人に最適。洗浄力
が弱いタイプもあるので、濃いメイクには▲。

クリームクレンジング

潤いをキープしながらクレンジングできるので乾燥が気になるときにおすすめ。マッサージクリームとしても使われる。

オイルクレンジング

油分が多い化粧品と一番なじみやすく、しっかりメイクも短時間でオフ。落とす力が強いので、乾燥しやすい人は要注意。

ジェルクレンジング

弾力のあるジェルはテクスチャーに厚みがあり、摩擦が起きにくくメイクになじみやすい。オイルより肌負担が少ない。

バームクレンジング

肌にのせるとやわらかくとろけるのが特徴。洗顔としても使えるもののほか、角質や毛穴ケアも叶う多機能なものが多い。

ふき取りクレンジング

肌に摩擦がかかりやすいので、時間がないときやポイントメイクを落とすときだけに。たっぷりの量で優しくふき取って。

ピックアップ記事

関連記事一覧